あなたはチラシなどの広告を作成するとき、過去のデータと自分の直感のどちらを重視し、そして、その方法でどれだけの成果をあげているでしょうか。

以前、成果がでるHPとでないHPの境目は何?という話をしました。

この内容にも関連しますが、今回はチラシなどの広告やウェブについて、

『データを重視した改善を重ねていくのが良いのか、それとも直感を信じてやったほうが上手くいくのか』という疑問に対して、僕なりの意見を書きたいと思います。

 

データを重視すると“正解”には近づく

 

僕の場合、自分で言うのもなんですがマメな性格です(笑)。

だからウェブはもちろんのこと、過去に配信した広告のデータなどもすべて記録して保管しています。

CPA、CPO、CV、CTR…慣れてないと「なんのこっちゃ?」と思うでしょうが、簡単にいうと自社・顧客とわず、

・いくら投資して
・何人にリーチして
・何件の反応があって
・うち何件が契約になり
・費用対効果はどれくらいか

こういったことを逐一把握しているんです。

で、定期的に時間をとってデータを分析するようにしているのですが、これを何度も繰り返していると、チラシにしてもHPにしてもある程度の“正解”が見えてきます。

例えばHPなら「工務店やリフォームの場合、お客はこういうページを読みたいんだな…」といったことが分かるので、ある程度の訴求力をもつ構成が見えてくる。

チラシも、ABテストを繰り返すと、例えば「真顔で腕組みした写真より、柔和な笑顔の写真のほうが反応があがる」といったことが分かります。

さらにフェイスブック広告なら「画像の背景は白色よりも、原色のほうがいい」とか、細かくチェックするといろいろな正解が見えてくるんです。

 

感性を重視した場合は…

 

このようにデータを重視すれば、間違いなく数字を上積みすることができます。

だから売上も伸びるけど、実はこれだけでは、爆発的な成果を生むことは少ないです。

なぜなら、いわゆる「コンセプト」のような部分は、データだけで生み出すのは難しいから。

僕は、過去に何人か「この人の感性はすごいな」と舌を巻くクラスの社長に会ったことがあります。

彼らはデータをまったく持っていないくても、「こういう広告をだしたら当たるんちゃう?」と考え、そして実際に当ててしまう。

データという前提があると、どうしても狭い範囲での思考になってしまいます。だけど、彼らはそれを無視できるから、突飛な案をだせるようです。

このような発想力に加えて直感力も優れているから、ライバルよりも大きな儲けを生み出せるのでしょう。

僕も直感力や頭の柔らかさには自信がありますが、正直、彼らと話をすると「なんか悔しいな…」と感じます(笑)。

 

結論として大事なのは…

 

この話の結論としては

・天才的な感性の持ち主なら、それを重視する
・そうでなければ、データを積み上げれば誰でも伸びる
・両方使えるなら、それが最強(というか9割の人はこれを目指すべき)

こう、僕は考えています。

データばかりに頼っていても限界があるし、かと言って感性だけで勝負すると安定性がない。

となると、きっちりデータを分析して上積みをしていきながら、それをもとに直感も大事にしていく。

これが、僕の経験上では一番成果がでやすいです。

 

成果をだす社長に共通しているもの

 

ちなみに、いずれのタイプでも、大きな成果を出す社長には共通点があります。

それは「顧客を“これでもか!”と観察していること」。

専門用語でリサーチといいますが、このリサーチをビックリするほど繰り返す社長はほぼ確実に伸びています。

というか、僕もコンセプト系はガッツリ学んで実際によく考えていますが、むしろ、これをやらずしてコンセプトなど考えようがない。

そう断言できるほど、このリサーチは大事です。

つまり、データを積み上げながら顧客を観察し、それを元に、あとは感性に頼ってアイデアをだす。

この流れが大事だな、というのが今の僕の結論です。

データ重視か、感性重視か。

あなたもどちらかに偏っていると思いますが、いずれにしても、どちらも大事なのは間違いないです。

ビジネスを良い方向に変えるためにも、ちょっとした訓練だと思って、自分が苦手なほうに取り組んでみてはいかがでしょうか。